日本モンサント主催の動画コンテストで、千葉大サウザンド・リーブズが最優秀に! ホリエモンも脱帽した動画の中身とは?

2017年9月20日、日本モンサント株式会社は、FOODS NEXT学生動画コンテスト「理系学生がデジタル動画でサイエンス・コミュニケーションに挑戦!」を開催。千葉大学、筑波大学から合計3チームがエントリーし、見事、千葉大学のサウザンド・リーブズが最優秀に選ばれました。

日本モンサントは、科学技術を通じて持続可能な農業の実現を目指す会社として、科学と社会をつなぐサイエンスコミニュケーションを担う人材育成を支援しています。今回はその活動の一環として、動画コンテストを企画しました。

コンテストの目的は世の中に科学をわかりやすく伝えること。当日は、「植物バイオテクノロジー(遺伝子組換え技術・作物)」をテーマに、理系学生たちが手がけた動画についてプレゼンを行いました。今回の審査員は、ホリエモンこと堀江貴文氏やサイエンス・コミュニケーションの専門家たち。当日の様子をレポートします。

なお、コンテストの詳細、審査員および参加者のプロフィールは、記事最後部ご確認ください。

遺伝子組換え作物・食品を理解した上で、選択してほしい。

チームプレゼン1最初にプレゼンを行ったのは筑波大学「バイオeカフェ」。メンバーの一人杉原さんは、動画に込めた思いをこう語りました。

「僕は中学生まで仲間や両親の影響もあって遺伝子組換え食品は悪いものだと思っていました。でも、高校・大学で生物学を学び、遺伝子組換え技術を勉強していくうちに、考えが変わっていきました。僕たちのつくった動画が、みなさんにとって遺伝子組換え作物・食品について考えるきっかけになればと思います。

たしかに、人としての気持ちは大切ですが、感情だけで遺伝子組換え作物・食品を反対するのはよくないと思います。同じように、動画を見た後に何も考えずに賛成するのも残念だと思っています。

だから今回は、冷静に考えられる動画にしました。たとえば、この後の動画で“遺伝子組換え作物・食品の安全性を伝えるシーンがあるんですが、“安全性って何?” って調べて納得の上で判断してもらえると、遺伝子組換え作物・食品を、見る目が変わるんじゃないかなと思っています。」

冷静に考えられる動画とは一体どのような内容なのでしょう。「バイオeカフェ」が制作した動画をご覧ください。

審査員からは次のようなコメントがありました。

審査員コメント1「楽しく拝見しました。ありがとうございます。一所懸命で自然な感じがして、とても好感の持てる作品だったと思います。“他者理解”というキーワードが伝わってきて、とてもよいメッセージでした」(佐々)

審査員コメント2「何を言いたいのかよくわからなかったというのが正直な感想です。理由もなく遺伝子組換え食品に拒否反応を示すような人たちに、もっと強烈に問題意識を持たせるような内容でもよかったと思います。この動画だとちょっとぬるいかな。すみません、なんか辛辣で」(堀江)

審査員コメント3「堀江さんからは辛辣な意見もありましたけど、背伸びせず自分たちの目線で感じたことを正直に語っている印象を受けました。“わからないことがあったら勉強して変わりましょう”というメッセージは伝わりましたよ。どうもありがとうございます」(今井)

まずは遺伝子組換えに興味を持ってほしい。

チームプレゼン2次に登場したのは千葉大学のサウザンド・リーブズ。彼らは今回の動画にどんな想いを込めたのでしょうか。

「僕たちがつくった動画には、専門的な知識や詳しい説明は一切入れていません。動画をつくるにあたって、遺伝子組換え作物・食品についていろんな人の意見を聞いたのですが、“よくわからないけど不安”とか、“なんとなく不安”という声がすごく多かったんです。だから、賛成・反対の話をする前に、遺伝子組換え作物や食品に興味があるかないか、の話をしないといけないと思って。この動画をきっかけに、みなさんの遺伝子組換え作物・食品への関心が高まればと思います」(片山)

インパクト強めにつくったというサウザンド・リーブズの動画。では、ご覧ください。

かなり印象に残る動画でしたが審査員の目にはどう映ったのでしょうか。

審査員コメント4「音楽に合わせてメッセージがズバズバ入ってきていいですね。ただ、あのおじさんを採用した理由がわかりませんでした。ターゲットがもし小さいお子さんのいるお母さんだったら、イケメン俳優とかモデルを使ってもよかったかもしれませんね。“この人が言うなら”って思ってもらえるようなインフルエンサーを起用するのもありだと思います。とはいえ、あそこまで突き抜けていると、インパクトを与えるという意味では成功かもしれません」(掘)

審査員コメント5「すごいですね。あのおじさんどこで雇ったんですか?この動画をそのままYouTubeに流したらバズりそうな気はすごくしました。ネットでバズらせるのもイメージアップには効果的ですからね」(堀江)

審査員コメント6「面白かったです。冷静にみるとロジックがないんですけど、ハッキリものを言うところに感激しました。同世代への動画発信だからあのおじさんを選んだのかもしれませんが、若いお母さんのことも配慮されていてよかったです。“家族の食卓を守る”とか、“美味しい食事をつくる使命感”とかって、なかなか学生さんじゃ出てこない言葉だと思うので」(笹川)

誤った情報を鵜呑みにしないでほしい。

チームプレゼン3最後にプレゼンを行ったのは筑波大学「育種研」のみなさん。メンバーの一人柳さんは次のようにプレゼンしました。

「私たちがつくった動画では、GMO(遺伝子組換え作物)に対して情報や意見を持たない層をターゲットにしています。グループで議論した結果、若年層をターゲットにした場合、GMOに意見を持っていない方が大多数ではないかという結論に至りました。まずは、意見を持たない方に現状を知ってもらい、誤った情報を鵜呑みにさせないという狙いがあります。もう1つは、よりGMOを身近に感じてほしいという想いを込めました。人類の課題である飢餓や人口爆発とつながりのある食肉の観点も加味しながら、今回の動画を制作しています。また、GMOは有効な手段ではありますが、日本の農業に適合するかどうかは疑問であり、議論が必要であると考えました。こうした理由から、インパクトよりも情報の正確性を重視しています」(柳)

インパクトより情報の正確性を重視したという育種研の動画をご覧ください。

たしかに、他の作品に比べるとかなりロジカルな動画でした。審査員の声を聞いてみましょう。

審査員コメント7「平日にセミナーに行くような人や勉強を頑張りたい大学生にはいい動画だと思いました。一方、遺伝子組換えのことをわからない人やなんとなく不安に感じている人にはレベルが高くて、メッセージが届かないかも。

たしかに、地球に負荷をかけずに食べ物がつくれたらいいな、と私も思います。でも、病院に勤務していると、食べ物の質の大切さに気づかされます。病気になったり、歳をとったりすると、量が食べられなくなるからです。同じトマトでもちょっと甘くて栄養を豊富にするとか。そういった技術に触れることができれば、もっとファンが増えると思いました」(掘)

審査員コメント8「食肉の問題はたしかにその通りで、すごくよかった。ただ、おしかったのは、飢餓の問題って実はたんぱく源の不足が原因なんですね。遺伝子組換え作物が必要になる根拠の1つは、今まで鶏肉しか食べなかった人たちが、美味しい牛肉を食べるようになったから。鶏って成育も早いし、穀物から肉になる歩留まりもいいんです。でも、牛とか豚になると歩留まりが極端に悪くなる。バングラデシュって食糧が不足していると思われているけど、実はバングラデシュの人たちはちゃんと食べているんです。でも、米ばっかりだから、コレステロールが不足してとった脂肪を全身に運べなくて肝臓にたまっていくんです。つまり、食えなくて飢えているんじゃなくて、たんぱく質が不足して健康が損なわれているんですね。そういうところまで含めて、遺伝子組換え作物の必要性を伝えれば、説得力が増すと思いました」(堀江)

審査員コメント9「遺伝子組換え技術・作物を専門に勉強されている方が作った動画だと思いました。科学的情報に基づいているから納得できる。数字など根拠を示されると、受け取り方が違いますよね。遺伝子組換え作物が世界でどう栽培されているのか、日本でどういった役割を果たしているのか俯瞰していて、ストーリーもおもしろかったです。ただ、専門的でない人には展開が早すぎたかも。たとえば、アニメーションなんかを使えば、専門性がない人にも理解されるかもしれません」(中井)

サイエンス・コミュニケーションで正しい情報をわかりやすく!

集合写真日本モンサントは、農業分野での科学技術を製品とする企業として科学技術の促進や科学と社会をつなぐサイエンス・コミュニケーションおよび、それを担う学生の育成を支援しています。今回のコンテストもその取り組みの一環。今後もこうしたコンテストを実施していく予定です。ご期待ください。

 

<参加チーム>

エントリーNo1:筑波大学「バイオeカフェ」
筑波大学 生命環境学群・生命学類 杉原 翔吉(すぎはら しょうきち)
筑波大学 生命環境学群・生命学類 澁谷 美乃里(しぶや みのり)
筑波大学 生命環境学群・生命学類 桑原 舞衣(くわはら まい)

筑波大学 生命環境学群・生物学類は、生物世界のシステムと生体機能のメカニズムを学ぶことによって、生物現象の本質および生物学の研究方法と先端研究の意義を理解することを目指す。3名は同学類が主催する「バイオeカフェ」のメンバー。「バイオeカフェ」は科学をテーマに気軽に話せるサイエンスカフェで、定期的に様々な分野の専門家を招きイベントを開催している。サイエンスカフェでの経験から、科学に関心のない人、科学の知識が少ない人々へ向けた情報の発信に興味を持ったため参加した。

エントリーNo2:千葉大学「サウザンド・リーブズ(Thousand Leaves)
千葉大学 園芸学部 片山 直紀
千葉大学 理学部 藤田 優輝
千葉大学 園芸学部 板谷 かえで

千葉大学園芸学部は、園芸植物資源の生産・利用に関わる先端技術、バイオテクノロジー、環境負荷を低減する資源・エネルギーの利用技術、環境の保全・再生とランドスケープの創造、医学と福祉の考え方を生かした植物の利用などについて教えている。一方、理学部では、自然科学全般にわたる基礎的な知識や技術を体系的に学ぶことができる。片山は食品栄養学研究室、板谷は生物科学研究室に所属。藤田は理学部に所属しているため、それぞれ少し違った観点から、専門的に遺伝子組換え技術・作物に関して学ぶ機会が多かった。そうしたなかで一般的に広がっている知識や意識と、自分たちが学んできたことに差を感じていた。正しい事実をわかりやすく伝えられるようになりたいと思い、参加した。

エントリーNo3:筑波大学「育種研」
筑波大学 生命環境科学研究科生物資源科学専攻 柳 江莉那
筑波大学 生命環境科学研究科生物資源科学専攻 松尾 宏樹
筑波大学 生命環境科学研究科生物資源科学専攻 向井 仁美

3名が所属する植物育種学研究室では、植物遺伝資源の保全ならびに品種改良と採種を支える科学としての植物育種学を目指して、形態形成の制御機構から量的形質のゲノム解析まで幅広い視野で研究を行っている。現代の農業と食生活に深く関係している遺伝子組換え作物について、農業を学ぶ学生として意見を発信するいい機会だと考え参加した。

<審査員>

堀江 貴文 SNS media&consulting株式会社 ファウンダー
掘 成美 国立国際医療研究センター
佐々 義子 特定非営利活動法人くらしとバイオプラザ21 常任理事
笹川 由紀 特定非営利活動法人くらしとバイオプラザ21 主任研究員
今井 康史 バイテク情報普及会 事務局
中居 秀一 日本モンサント株式会社 取締役社長

<審査基準>

・メッセージ:内容が伝わり、理解でき、強く印象に残ること
・わかりやすさ:ストーリーや視覚的表現がわかりやすいこと
・創造性:視点、切り口、表現が斬新で創造性があること
・信頼性:情報や表現が信頼できるものであること

<審査方法>

・一般審査員30名(20代の男女)がインターネット上で優秀作品1作品に投票。
・専門家審査員6名により優秀作品1作品に投票。

一般審査員30名によって選ばれ1位となった作品に1点、専門家各6名が1位に選んだ作品にそれぞれ1点を加え、合計7点満点で審査。

最新記事