【モダン・アグリカルチャー】 次世代の水利用ツール

資源の節約で現代の課題に対応

農業生産者はいつの時代も常に必要最小限の資源を使うように努力してきました。結果として、水資源の節約には非常に熱心です。現在の気候変動の状況下、農業生産者は継続して節水につながる革新的な方法を考え出しています。その努力に応じるように、モダン・アグリカルチャーも節水に必要なツールの提供に取り組んでいます。

農業が占める淡水の消費量は世界でおよそ70%だと推定されています。干ばつがより頻繁に起こるようになってきた地域もありますし、人口増加によって水の需要は高まり続けています。また農業以外の産業でも水を使う必要があります。水資源への負担はより重くなっています。モダン・アグリカルチャーでは農業生産者が雨水のさらなる有効利用や最も的確な灌漑に役立つイノベーションの開発に全力を注いでいます。

世界各地の入手可能な地域では、既に種子やセンサー技術における次世代のイノベーションをいち早く取り入れている農場もあります。農業技術分野スタートアップ(新興企業)の数や投資パターンを見てみると、この傾向は今後も続くと思われます。農業における様々な分野も同じように、これらのツールが経済的恩恵や環境保全上の利点をもたらす可能性があります。農業生産者にとっては水利用を減らして、出費を抑えることができるのです。

解決策としての種子

幸いなことに、水資源の保全に関心がある農業生産者には利用できる最新の手段があります。まず第一は、栽培する種子そのものです。近年、種子の生産者は降雨パターンの変化に対応して、より高度な乾燥耐性や降雨パターンの変化への回復力を備えた種子を導入しました。干ばつがより頻繁に起こり降雨が予測しにくくなった時代において、種子技術の飛躍的進歩は農業生産者が水を効率的に利用するのに役立ちます。

その他の革新的な方法としては、乾燥耐性ハイブリッドの使用があります。この種子は乾燥に耐える力が強い上に、不耕起栽培といった手法と組み合わせて採用することで健康な作物が育ちます。不耕起栽培は土壌の水分保持力を向上させるのに役立つことが立証されています。

高度なセンサーと衛星技術

干ばつや気象パターンの変化に対応する手段の選択肢としては、他にも高機能なセンサーやソフトウェア・プラットフォームといった新たな農業技術の台頭があります。農業生産者は安定した情報収集と高度な分析ソフトウェアとを組み合わせた予測ツールを活用することができます。これによって灌漑頻度について情報に基づいた適格な判断が下せ、コストを削減でき、省資源に繋がるのです。

まだ少数ですが、土壌センサーやサーモグラフィー等のデジタル機器をいち早く利用している農業生産者は増加傾向にあります。これらの機器やその他の画像装置を利用することで、農業生産者が土壌や作物の水分レベルについて極めて重要な情報を得ることできます。つまり、これらのセンサーを使うことで土壌や栽培中の作物内部の様子を垣間見れ、農業生産者はどのタイミングで作物へ対応すべきなのかより正確に把握することができるのです。水へのアクセスにが制限があるような地域や気候においては、このような情報は灌漑に対する難しい判断を容易にしてくれます。

農業生産者の不安を取り除く

農業の開始以来、農業生産者は天候の予測不可能な面と戦ってきました。新世代の種子、センサー及びデジタル機器はそのような変動性を軽減するのに役立ちます。気候を起因とする新たな課題が発生する中、水資源の保全は依然として最重要事項の一つであり続けるでしょう。それに対応して、モダン・アグリカルチャーは農業生産者が道を切り拓くのに必要となるツールの提供に全力を注いでいます。

「モダン・アグリカルチャー」本社サイトの原文はこちら

最新記事